ボーナス片手に風俗へ

やはり無難な存在は風俗だなと実感

無難というか、風俗で遊んでおけば間違いないなと実感したのは、先日婚活パーティーに出席したからなんですよ。結婚とまでは言いませんけど、良い出会いがあればそれでいいんじゃないのかなって。そう思って婚活パーティーに行ったんですけど、とにかく癖のある女性達ばかりだったので、こちらのモチベーションはかなり低下しました。このまま帰宅するのはちょっと沈むというか、自分が惨めに思えてきてしまうなって思ったのでどこかで気分転換しなければならないなってことで仮に風俗に立ち寄ったんです。そして、やっぱり風俗嬢ってありがたい存在だよなってことに気付かされました。それまで婚活パーティーで散々自分は無碍にされたんです。プライドなんて木っ端微塵ですよ(苦笑)でも風俗嬢はそんな自分でさえ優しく包んでくれるじゃないですか。それだけでも帰り風俗に立ち寄って良かったなって思いましたし、まさにお口直しじゃないですけど、気持ちをリセット出来ました。

あの楽しさ、最高だなって思いましたよ

あれだけ楽しい時間を過ごせたら「最高」と呼んで良いんじゃないかなと(笑)この前の風俗での話なんですけど、その日は本当はまっすぐ家に帰ろうって思っていたんです。でも、休前日でもあるしたまには何かしようって。でも、その「何か」が全然浮かばなかったんですよね。普段遊んでいる訳ではないので、いざ遊ぼうって思っても何をすべきなのか分からないんですよ。だからとりあえず風俗に行っておけば間違いないんじゃないかなって思って風俗まで行ってきたんですけど、これが大成功だったって話ですね(笑)あまり期待していなかった訳ではないんですけど、それでも期待していた以上の時間を満喫することが出来たのは相手に恵まれましたね。Sさんは誰が見ても美人だと思いますし、あの時間を満喫出来ただけでもラッキーですよ。だって本当に彼女は美人ですし、美人でありつつ細かいことにも気を使ってくれるタイプの女の子だったので、これは良い子に恵まれたなと(笑)